結核隔離入院ダイアリー

隔離入院16日目:ゆかり最強説

誤解を恐れずに、断言したい。

この隔離入院生活を支えてくれたのは、家族や友人、同僚や看護師の皆々様のおかげです。と同じくらいの熱量で、断言できる。

それは、あなた。

IMG_4838

「ゆ・か・り」

ゆかり無しでは、もはや生きられない体になってしまっている。

582802113.205217.jpg

というのも、入院生活は、↑のような薄っぺらい食事が毎食出てくる。そこにいつも、前に前にと主張してくるのが、白飯だ。(朝は、さすがにパンに変えてもらったが、その前まではほぼ3食白飯だった。)

隣ベットの蟹江敬三似の仲間は、毎食本当に懲りずに文句を言い続けて、これじゃあ刑務所の方がマシだと(前科?)愚痴り続けているのだが、それくらい患者の間でも食事の評判は悪い。結局、蟹江は本当に嫌だったみたいで、毎回残すというボイコットに出て、脱獄をほのめかしている。どんだけ、いい物をたべていたんだろうか。

当初は、海外出張3週間で帰国直後に監獄入りした自分としては、久しぶりの和食ということで当初は全然気にしてなかったけど、その和食欠乏症も最初の2,3日で効果は薄れたわけで。食事自体は、蟹江が言うほどそこまで不味くはないが、毎回の白飯だけは。。。

そこで、色々試した。コンビニの色々な味のふりかけセットや梅干やらなんやら。色々浮気をしたが、結局はやはり彼女には勝てない。

蟹江に勧めようか、迷う日々。

ゆかり最強説。現在、3袋目。

名前に謎の英語ミドルネームが入ってますが、100%純粋な日本人です。京都出身で、現在は湘南エリアにアメリカ人のパートナーと愛犬さし美と暮らしています。

0 comments on “隔離入院16日目:ゆかり最強説

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。